汗とアトピー

してよかったこと

まだ5月というのに、暑いですね(*´ο`*)=3

部屋の温度計は、毎日30度を超えています(ノ゚ο゚)ノ

毎年こんなだっけ?
温暖化??

ちょっと掃除をするだけでも、汗だくですε-(ーдー)

おかげで、
先日まで、
ぶつぶつが治って、何もなかった個所に汗がたまり、
痒くて無意識に掻きむしっているうちに、
ぶつぶつができ、血まで出てくる事態に(ノ゚□゚)ノ

汗がでて、かきむしってアトピーは悪化する

↑右ひじの内側、うまく写らなかったけど痒い(>_<)

何もない所を掻いても、
ぶつぶつができる。
恐るべしд=)

でもこれは、まずい!
せっかく治っていたのに(ρ_;)

ぶつぶつにとって、
汗をためるのは、良くないですね(>_<)
汗をかくことは、良いことです。

今こそ、
昨年今山先生が教えてくださった事を実践しないと!!

ということで、

汗対策 です。

用意する物
タオル(ハンカチタオルなら2枚)

片方は、濡らして良く絞る。
もう片方は、そのまま(乾いている状態のまま)

汗をかいたら、

患部に濡れたタオルを置きます。
この時、擦(こす)らないこと。

背中なら両端を持って、当てる感じです。
ハンカチタオルなら誰かに手伝ってもらって下さい。
自分でしたら、擦ってしまうので(ー_ー)!!

そして、

乾いたタオルで、拭く。
この時、絶対擦らないこと!!
あと、必ずサラっとするまで、水分をとること!

水が綺麗に拭きとれなかったら、
ドライヤ―で水を飛ばしてもOKです(^○^)

私がドライヤーを使う際は、送風で水を飛ばしています。
冬場乾かない時は、熱風を遠くから当てています。
(あまり良くないと思うけど、すぐ乾く)

ちなみに、
ドライヤーを使って良いか、
今山先生にも確認しました。

すると今山先生は、
「使っても良いけど、
タオルで拭くだけで乾くよ。」と。

「脇とかが乾きにくい」と伝えると、

難しい言葉をおっしゃられて・・・
ごめんなさい、忘れました(;O;)
私のイメージ的には、肌のポケット的(毛穴?)な所に水が残っているのが拭きとれないのかぁ。と呟かれ、

「首や腕など外気に触れる部分は、そのままですぐ乾くから(ドライヤーを)当てなくて良いよ。

脇など、肌が密着する所は、外気に触れないから乾きにくい。

そのために毛がある。
毛が、肌と肌が密着するのを防ぐんだよ。
なので永久脱毛とかはしない方がいいんだけど。。。
気になるようなら、ドライヤーを当てても良いよ。」

と教えてくれました。

今山修平クリニック&ラボに行かれた方は分かると思うのですが、
待合室に肌の説明などのパネルが飾られています。

その中に簡単に言うと「毛も肌の一部」的な事が、書いてありました。

私たちの体に無駄なものは一切なく、
毛も体を守る大切なものなのです。

でも女は毛があったら引かれる( ̄_ ̄|||)
海外なら普通にあるのにね!

私たち敏感肌には特に、毛も大切!!
とりあえず、治るまでは自然のままにしておこう。とそのままにしているけど、
女を捨ててないか心配(_ _。)

話はそれましたが、

濡れたタオルと乾いたタオル。


これさえあれば、汗も夏も恐くない(^○^)

でも、
部活中とかは、
どうするんだろう。

先生に特別許可してもらって、
タオルを持たせてもらうとか?
ハンカチ王子みたいに(*^-^)

男の人が、ハンカチとかハンカチタオルをさっと出したら、
ちょっとかっこいいと思うので、
いいかもo(*^▽^*)o

女の子は、身だしなみで持ってる人多いし♪

最後にもう一度

一番大切なのは、


水分を完全に拭きとることです!!




その点に気をつけて、
楽しい夏をお過ごしくださいヽ(*^^*)ノ

コメント