アボカドオイルとアトピー

アボカドオイルは、アトピに効果がある口に入れるモノ

森のバターと言われるアボカドが、体に良いことは知っていました。
けど、毎日とり入れることは難しい(。>0<。)

そこで、毎日とり入れられる、こんなものを入手しました!
アボカドオイルは、アトピに効果がある
アボカドオイル~(*゚▽゚)ノ

臭いもなく、癖もない。
日頃の料理にも使えますo(*^▽^*)o

さて、
アトピーに、
アボカドが良いという話と、
アボガドは悪いという話

どちらもよく聞きますが、いったいどっちなんでしょう??

良いという言い分

  • リノレン酸などが豊富で、肌がつるつるになる
  • 食物繊維が豊富で、腸が整えられる
  • 腸を整えれば、肌も綺麗になり、アトピーも改善に繋がる
  • 葉酸も豊富に入っており、痒さの原因?とも言われている、ヒスタミンを体から出してくれる

※ちなみにアボカドオイルには、トランス脂肪酸はほぼ入っていませんので、安心してください(^o^)

悪いという言い分

  • アトピーを促進させると言われる、リノール酸が入っている

とのこと。

ただリノール酸とは、必須脂肪酸の1つであり、私達人間には必要な栄養素です。

もし、リノール酸が欠乏したら、髪がパサパサになったり、抜け毛が増えたり、傷の治癒が遅れたりと、アトピーが治る妨げにもなるものでして、、、また血中コレステロール、中性脂肪値を一時的に低下してくれる働きもあるので、摂取しないといけない!

けど、大量に摂取すると上記している通り、アトピーに悪影響が出ると報告されています。

そこで計算!!
  • アボカドオイルの中のリノール酸の割合は、12%程
  • 大さじ1杯アボカドオイルを使って調理したとして、リノール酸は、1.8g

『厚生労働省の2015年日本人の食事摂取基準』によると、リノール酸を含むω-6脂肪酸の摂取量は、1日7g以下なので、そう気にすることもないと思いますが。。。
どうでしょう。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書

良いと言って毎日食べている方もいれば、悪いと言って食べないように、気をつけている方もいるようで。

私は腸が弱く、アボガドで腸が整えられるというのが気になって、苦手ながら使っていたオリーブオイルにも飽きてきたし、しばらく使ってみることに!

私的に、
オリーブオイルより美味しいヽ(^◇^*)/
どんな料理にもあう
味の邪魔をしてこない。
油持ちも良いし!
さらっとしていて油っぽくなく、気持ち悪くない!!

とても気に入っています(^○^)

併用しているココナッツオイルも、美味しくて気にいっているのですが、料理に使うのは難しくて( ̄_ ̄ i)

アボカドオイル最高ですo(@^◇^@)o

まだ2週間ほどしか使っていませんが、気持ち肌触りが良くなった気もします(*´σー`)
錯覚??
引越しで環境もだいぶ変化しているし。
本当の原因は分からず。。

合っているか合わないかは、自分しか分からないので、使ってみないと分からないんですね。

肌は4週間で変わるそうなので、またその後をレポートします(*^.^*)

アボカドオイルの効果がすごかった!!効能通りの働き!アトピーが治る!?4ヶ月使ってわかったこと。
アボカドオイルを使い続けて、4ヶ月。 この度、アボカドオイルが、切れてしまいました。 ということで、『アボカドオイルが効果があったか』身を以て検証です! アボカドオイルの効果は? 食物繊維が豊富で、腸...

4ヶ月使った結果、ものすごく効果がありました(*´ڡ`●)

コメント