亜鉛華デンプン(粉薬)を塗る時に役立つ!ポンポンの作り方

亜鉛華デンプンを塗る時に役立つポンポン実践

亜鉛華デンプン(粉)を塗る際、手で塗ろうとしても、なかなか思うように塗れません。

粉が取れなかったり、患部に付かなかったりという経験はございませんか?

そんな時、このポンポンがあれば!!
思い通りに患部に塗れます(*^^*)

簡単に作れて、塗りやすいポンポンのご紹介です(^o^)

用意するもの
・ガーゼ
・コットン
・ゴム

①まず、ガーゼを適当な大きさに切る。

粉を塗る時に重宝するポンポンの作り方
↑こんな感じで、ガーゼを切って用意。

②切ったガーゼの上にコットンを2、3枚置く。

粉薬を皮膚に塗る時に必要なポンポンの作り方
③ガーゼの端を持って、ゴムで結ぶ

亜鉛華デンプンの塗り方
完成!!

すごく簡単に作れて、亜鉛華デンプンを楽に塗れるという優れものです(*´艸`*)

亜鉛華デンプンはどうやって塗るの?
↑これで亜鉛華デンプンをポンポンとつけて、患部にトントンとするだけ!
亜鉛華デンプンを塗る為のポンポンの作り方
アトピー患部に亜鉛華デンプンを塗る

↑こんな感じで

私は、
頭は、亜鉛華デンプンのみ。
体は、モクタールを塗って、その上から亜鉛華デンプンを塗っていたので、すぐにポンポンが汚くなっていました。

それにポンポンは患部に直接触れるので、使い切りにしていました。
菌が残ってることもあるので(・・;)

なのでポンポンは、たくさん作ってストックして置くのをおすすめします!
夜に塗ろうとしてポンポンがなかった時は、とてもショックで。。。(;´Д`)
作るのも面倒くさいし、どうしよう~ってなる。

ガーゼは、肌に直接触れるので、綿100%の医療用のものを使用していました。
↓具体的にはこれを。

コットンとゴムは、家にあったものを適当に使っています(^^)

簡単なので、ぜひ作ってみてください!

私は、今でも亜鉛華デンプンを日焼け止めとして使用しているので、ポンポンも愛用中です(*^^*)

くましろうもポンポンで応援
くましろうのLineスタンプはこちら

コメント