恩人 土佐清水病院の丹羽耕三(靱負)先生

アトピーを治してくれた、丹波先生アトピー

11歳の時にアトピーが再発し、治してくれた丹羽先生。

私は、軽度のアトピーだったようで、診察時間も短かく、1度きりの診察でしたが、重度のアトピー患者の方は、入院もあるようです。

入院
軟膏を塗って、全身包帯でぐるぐる巻きにすると、4,5日で軽度になるそうです。
そして10日ほどで、紅斑が消える程よくなるとか!!

なぜ高知県に病院を作ったかというと、空気が綺麗だからと聞きました。
なので、地元が大都市の方が退院して家に帰ると、せっかく治ったアトピーが、また悪化するそうです。
そんな時、丹羽先生は、「うちで働く?」と言ってくれるらしいです。
参照[日本テレビ アトピーがぐんぐん良くなる本]現在は、絶版になっています。

私が、先生に診察して頂いた頃は、全国各地のパブリックホールなどを借りて、丹羽先生ご本人が、診察されていたのですが、

今では、
高知県にある土佐清水病院を始め、
埼玉県さいたま市、
神奈川県横浜市、
石川県小松市、
愛知県名古屋市、
大阪府大阪市、
岡山県岡山市、
福岡県博多区、
と全国8か所でいつでも診療が受けられるようです。
すばらしい!
いつ見ていただけるかわからない状態って、不安ですもんね。

ちなみに高知県以外の診療所で、丹羽先生に見て頂く事も可能なようです。

診察はすべて予約制との事、HPを見て見て下さい。

でも注意!!

こちらの病院は自由診療です。
診療代も薬もアオバもルイボスティも、高額です。

「それでも治したい」「藁にもすがる思いで」という、最後の砦的な病院かと。

治療費が高額なので、1度、先生の本を読んで、考えに賛同してから、行かれるのをお勧めします。

私が、丹羽先生にお世話になり、アトピーが完治した記事はこちら

コメント